見出し画像

【社員紹介#18】入社4年目で執行役員!?「docomo STARTUP」から誕⽣した企業の若きCTOにインタビューしてみた

こんにちは。
新卒採用チームの藤原です!
 
本日は、先日moreドコモでご紹介をした生成AIを活用した学習マンガ事業「LearningToon」を運営する株式会社SUPERNOVA(読み:スーパーノヴァ。以下、SUPERNOVA)の若き執行役員 / CTO源 芳朗さん(入社4年目)をご紹介します。
なんで入社4年目で、かつ社内にいながらスタートアップの執行役員になれたの?執行役員になってみて何が変わった?ぶっちゃけ社内の雰囲気は?笑 など気になるあれこれを質問してきたのでぜひ見てみてください!
 
関連URL:https://note.nttdocomo-fresh.jp/n/n2fdfe2da107a


このプロジェクトに関わろうと思ったきっかけは?

きっかけは主に3つあります。
 1つ目は、自分がやりたいことを実現する手段として非常に良い機会であると考えたからです。
学生時代から、30歳前後には、一からプロダクトを創りあげ、自分で作ったプロダクトで世の中に大きなインパクトを与えたいという野望がありました。
 実際に入社後、希望通り新規事業を創出する部署に配属され、さまざまなプロジェクトに携わっててきましたが、ビジネスとして成りたつ新規事業を創出することはなかなか難しく、未だ何者にもなれていない自分にやるせなさを感じていました。
 30歳までに大きなことを成し遂げるには時間も限られていて焦っていたところ、LearningToonの事業にお誘いいただきました。事業性への魅力はもちろんですが、CTOを任せていただけるというオファーもいただき、学生時代からの野望を叶えるために最高の機会だと感じました!
 
 2つ目は、事業としての魅力です。生成AIを活用する技術トレンド、さらには、リカレント教育の新興という社会トレンドも兼ね備えた注目度の高い事業になる期待があります。生成AIに関しては世の中の話題にはなっているものの、生成AIを活用したメジャーなサービスはまだ生み出されていない中、その第一頭になりうるポテンシャルを秘めているサービスであると考えています。
 
 3つ目は、チームメンバーとの共鳴です。後の項目でも詳細に後述しますが、同じ仕事やプロダクトに対するモチベーションがメンバー全員共通しており、熱量が同じであるからです。チームメンバーの共感は初期のチームビルディングに最も重要な項目であると考えており、サービスの成長に最も関わる指標であると考えています。その点でも、共鳴し合えるチームメンバーで構成されているこのチームで、頑張っていきたいと考えています。

若手でありながら執行役員という責任と役割を与えられつつ意識がどう変わったのか?

学生時代から今までの社会人生活を振り返っても、責任感は強い方だと思いますが、”執行役員”という会社の重要なポジションを任せていただいたことで、より一層の緊張感を抱いて事業に向き合っています。役割と責任があることで、サービスを成長させるも、潰してしまうも、自分の立ち居振る舞いが大きく影響するので、今まで以上にサービスへの向き合い方や意識が変わったと感じています。
役職だけでなく、相応の期待をしていただいているからには、世の中の多くの人が認知し、日々使っていただけるようなサービスにまで成長させていけるまで、死ぬ気で頑張りたいと思います。

docomo STARTUPの存在は実際にご自身のキャリアを考えるにあたってどう活きたか?

ドコモの制度としてチャレンジできる制度は多数ありますが、実際に起業を通して裁量と責任を持ってチャレンジできるのは、「docomo STARTUP」だけだと思います。大企業の中でも数社しかスピンアウトできる制度はなく、この制度があって本当に良かったと思います。
 
今後は自分のキャリアとしても大企業の一社員としてというよりは、自分の持つポテンシャルや能力が評価され、自分の能力に共感いただける方々と共に世の中に価値を生み出していきたいです。
ブランドの名前で生きるのではなく個人の名前で生きられるような人間になりたいと思っていたため、その面でも良い機会だと捉えています。

チームの雰囲気はどうか?

全員が事業に対して本気で向き合っているので、これまでの社会人人生の中でも一番本気で事業に向き合えています。仕事への重要度を高く考えているメンバーが集まっていて、日々サービスの成長に向けて喧々諤々と考えを議論したり、実現に向けてもっと改善できることはないか、事業の未来について語り合うことが多いです。モチベーションの高いメンバーが揃っていて、皆が本気で向き合っている雰囲気が、個人的には非常に居心地がいいです。

抱負・意気込み

このチャンスをものにして、世の中に新たな体験を提供し、名の轟くサービスを生み出すことで、時代を刷新する新風を吹かせます。

さいごに

いかがでしょうか?そもそも企業の中でスタートアップの支援をしてもらえる「ローリスク&ハイリターン」な制度があるということ自体も意外だったかもしれないですし、実際にその制度を活用して執行役員として活躍している若手もいるということはワクワク感を抱いてもらえたのではないでしょうか?自分だったらどんなビジネスを企画しようか、などぜひ夢を膨らませていただきたいです!
今後もこういった制度をたくさんご紹介していきたいと思いますので是非楽しみにしてください~!
 
「docomo STARTUP」については下記参照ください。

【関連記事】
働きがい このままでいいんだっけ?|ドコモ SDGs | 企業理念・ビジョン | 企業情報 | NTTドコモ (docomo.ne.jp)


ドコモには若手から活躍できる環境が整備されています!
また、通信領域に縛られない様々な事業運営を行っております。
少しでも興味がある学生は採用ホームぺージを覗いてみてください!

https://information.nttdocomo-fresh.jp/

moreドコモでは、採用チームに聞きたいことを募集しています!
以下のアンケートより気軽にご連絡ください!


▼採用チームに答えてほしい内容アンケートフォーム▼
【NTTドコモ】新卒採用チームに答えてほしい内容アンケート (office.com)

【問い合わせ先】
NTTドコモ 新卒採用チーム
DOCOMO GROUP MYPAGE
https://information.nttdocomo-fresh.jp/information/entrymypage/

マイページのお問い合わせよりご連絡ください。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!